このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ゲーミングマシンのエントリー機にもオススメ

税別10万円以下でApex Legendsも遊べる高コスパコンパクトゲーミングPC

2019年03月26日 11時00分更新

文● 林祐樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「G-GEAR mini GI5J-A190/T」

コンパクトでリーズナブルなゲーミングPC「G-GEAR mini GI5J-A190/T」、ゲーミングのエントリー機にもオススメ

 ひとえにゲーミングパソコンといっても、いくつかの種類がある。特定タイトル向けの推奨マシンであったり、どんなタイトルでもストレスなく遊べるパソコンであったり、ギリギリまでスペックを落として低価格を実現したパソコンなどというように、種類は豊富だ。またゲーム+αを考えている場合も同様に必要となるスペックは高くなる。今回紹介する「G-GEAR mini GI5J-A190/T」は、フルHD環境下において十分なパフォーマンスを発揮する低価格帯のゲーミングパソコンであり、進学に合わせてゲームが遊べるマシンがほしいといった場合の狙い目ともいえる。

 G-GEAR mini GI5J-A190/Tは、およそ幅183×奥行390x高さ300mmとコンパクトなPCケースを採用しており、設置の自由度は高い。ただ外観を見てもわかるように前面だけでなく、両側面から吸気し、天板と背面から排気となっているため、ケースの周辺にある程度の隙間が必要となる。これは愛用の机に対してARアプリでおおよそのサイズをチェックしてみるといいだろう。だいたいの環境において、問題なく設置可能なハズだ。

大型ケースではないため、設置は楽
両側面はメッシュとなっている
天板もメッシュ

 インターフェースを見ていこう。正面にはUSB 3.0×2があり、コントローラーを接続させる場合に便利だ。大半は背面に集中しており、PS/2ポート×1があるため、愛用のマウスやキーボードがあっても安心だ。背面にあるUSBポートはUSB 3.0×2、USB 2.0×2と少ないのだが、マウスとキーボード+外付けストレージを考えた場合は十分な数だ。またここ最近の周辺機器事情を考えると、追加するとしてもキャプチャーユニットくらいであるため、困ることはまずないだろう。

 無線については、Wi-Fiアンテナ(802.11 a/b/g/n/ac対応)とBluetooth 4.2に対応する。ワイヤレスマウスとキーボード派であれば、USBポート数に余裕が生まれるほか、ケーブルマネージメントを考えなくてもすむため、コンパクトだけで終わっていない点は評価に値する。

正面から見て右端にUSB 3.0×2、ヘッドフォン端子、マイク入力端子、電源ボタンがある
背面にはPS/2ポート、USB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ出力、有線LAN端子、Wi-Fiアンテナ(802.11 a/b/g/n/ac対応)がある。また映像出力はDVI-D、HDMI、DisplayPort

前へ 1 2 3 次へ