このページの本文へ

広いメモリー帯域幅による4K映像やVRなどに威力を発揮

ASUS、世界初をうたう7nmプロセス採用GPU搭載ゲーミングビデオカード「RADEONVII-16G」

2019年02月08日 13時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RADEONVII-16G」

 ASUS JAPANは2月7日、世界初をうたう7nmプロセス採用GPUを搭載したビデオカード「RADEONVII-16G」を発表した。 2月8日に発売する。

 グラフィックスコアにAMD Radeon VIIを搭載、ベースクロック1400MHz(ブーストクロック1750MHz)、4096bitのメモリーインターフェースを装備して帯域幅の広さにより高い処理性能が期待できる。

リアルタイムハードウェアモニター機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載するソフトウェアも付属する

 映像出力はHDMI 2.0b×1、 DisplayPort 1.4×3。補助電源コネクター(8ピン×2)を装備。予想実売価格は9万9000円前後。

■関連サイト

カテゴリートップへ