このページの本文へ

ストアスタッフは12の異なる言語を話す

なぜアップルは京都に直営店をひらくのか【Apple京都内覧会レポ】

2018年08月23日 19時25分更新

文● 石川 温 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
四条通に面したところにあるアップルのロゴ

 アップルは8月25日、京都に直営店「Apple京都」をオープンする。8月23日、報道関係者向けに内覧会が開催された。

大丸京都店の横にある京都ゼロゲート。地元では京都ゼロゲートのビルが完成しても1、2階の工事が一向に終わらず、何ができるか謎に包まれていたという

 Apple京都は、四条通に面した大丸京都店の隣にある、京都ゼロゲートの1階、2階に位置している。1階は通り沿いがすべてガラス張りとなっており、開放感のあるデザインが特長だ。アップルでは、ここ数年、直営店の強化を行っているが、街と溶け込むデザインをコンセプトとしている。Apple新宿同様にガラス張りとすることで、四条通と融合するたたずまいを目指したようだ。

一階の店内。主にiPhoneやiPad、MacBookなどの製品が並ぶ
店舗の面積は、新宿や表参道、銀座に比べると、コンパクトな印象がある

 1階の店内に関しては、国内や海外と同様のデザインテイストとなっている。入口の奥には大きなモニターが設置され、その前には椅子が並べられている。ここでは大型モニターを使い、毎日、さまざまな無料講座「Today at Apple」が開催される予定だ。

階段は、クパチーノ・アップル本社にあるスティーブ・ジョブズシアターと同じものだ

京都ならではの雰囲気とこだわりの素材

 一方、2階は京都の雰囲気を色濃く意識した雰囲気となっているのが特長だ。

 まず、2階に上がる階段は、アップル本社にあるスティーブ・ジョブズシアターと同じ人工大理石でできており、さらに手すりなども同じデザインで出ている。さらに2階に上がると、まるで木造家屋の中に障子と和紙を連想させるような壁で、天井部分などは、日本の行灯をイメージした作りになっている。壁には漆喰が塗られているなど、京都ならでは雰囲気に仕上がっている。

2階では、iPhoneの契約やジーニアスカウンター、Today at Appleとして、活用方法を学べる
2階の壁面は障子をモチーフとしたデザインに仕上がっている壁が漆喰となっているのも、Apple京都の特長だ
吹き抜け部分にはフォーラムと呼ばれるスペースがあり、ここで大型モニターを使って、製品の活用術が学べる

なぜ、アップルは京都に直営店をオープンしたのか

 アップル・シニアマーケットディレクターであるデニー・トゥーザ氏は「我々は長年、京都に注目してきた。京都は歴史を持つ都市であり、すぐれたデベロッパー、アーティスト、大学生がいる。アップルはそういった人からインスピレーションを受けていているだけでなく、このストアがぜひ京都の人々に様々な貢献できることを願っている」と語った。

アップル・シニアマーケットディレクターであるデニー・トゥーザ氏

 確かに、京都には任天堂を筆頭にゲーム開発会社などが揃っているほか、有名大学なども数多い。また、アップルが特にターゲットにしているのが、世界中からやってくる観光客のようだ。

 デニー・トゥーザ氏は「京都は日本や世界からの観光客を受け入れており、我々にとってパーフェクトな場所だ。このストアのスタッフは、国内だけでなくアムステルダム、マイアミ、ニューヨークなどのストアでの勤務経験を持つものがいる。12の異なる言語を話すメンバーで構成されている」という。

 つまり、訪日外国人がApple京都を訪れたとしても、言語の面で不安を感じることなく、買い物ができる、というわけだ。

エレベータでしか行けない3階にあるボードルーム

内見会でしか見ることができない!? 招待客オンリーの会議室

 ちなみに、3階には一般客が入れない「ボードルーム」という会議室が存在する。この部屋は法人向け商談用の打ち合わせ部屋として活用されるという。内装や家具などは、クパチーノにあるアップル本社のキャンパスと同じものが使われているとのことだ。

ボードルームでは商談の打ち合わせを行う。招待客のみしか入れない

 今年になってApple新宿に続き、Apple京都がオープンすることになったが、デニー・トゥーザ氏は「これからも、いくつかの新しい店舗をオープンし、既存のストアも改装することで、日本のリテールにさらなる投資を続けていく」と宣言。今後も国内に新しい店舗をオープンさせていくようだ。

8月25日に配布されるプレゼント

 Apple京都がオープンする8月25日午前10時には、来店者に数量限定でTシャツやピンバッチ、ステッカーがプレゼントされる予定だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中