このページの本文へ

興奮して見過ごさないように

【オープン速報】「Apple京都」でチェックしたい7つのポイント

2018年08月25日 13時20分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
多くのメディアに登場する印象的な大きなモニターは、1階奥の吹き抜け部分にあります

四条通が静かな興奮に包まれた

 8月25日午前10:00に、アップルの京都初の直営店「Apple京都」がオープンしました。場所は京都の目抜き通り、四条通。

地図で調べたところ、Apple京都から四条河原町の交差点までは、およそ600m

 前日からオープンを待ちわびるファンが列を作り、始発とともにさらに列は伸び、8時半の段階で四条河原町の交差点まで届いていました!

最前列のアップルファン。前日の17時に集合し、21時から並び始めたそう

 最前列に並んだのは、なんとApple新宿の待機列で知り合って仲良くなったというアップルファン。住まいは兵庫、大阪、東京と別々ながら、この日のためにやってきたそうです。

Apple京都初の、ユーザーとストアスタッフのハイタッチ!

オープンはハイタッチで祝福

 カウントダウンとともに、期待値マックスなユーザーとストアスタッフのハイタッチと歓声で、取材している記者も気持ちが高ぶり興奮。テンションが上ってしまうのは、アップルマジックなのか、このApple京都のもつ不思議な特性なのか。新しいのに京都の町並みにすっと馴染む日本の伝統的な意匠と、モダンな建築スタイルはこれまでのApple Storeとは一味違います。


アップルCEOのTim Cookのつぶやき


 というわけで、興奮して見過ごしてしまわないように、Apple京都の7つの見どころを紹介します。

京都で出会える、触ることができる、クパチーノ・アップル本社のスティーブ・ジョブズシアターと同じデザインの手すり

1. 印象的な大きなモニターは、1階奥の吹き抜け部分、フォーラムにある
2. 階段はクパチーノ・アップル本社のスティーブ・ジョブズシアターと同じ人工大理石
3. 手すりなども同じデザイン
4. 日本の行灯をイメージした天井部
5. 2階の壁面は障子をモチーフにしたデザイン
6. 壁が漆喰となっているのも、Apple京都の特長
7. 2階のユーザーサポートなどに使われるデスクの自動開閉する不思議なコンセント


Apple新宿にも設置されている不思議なコンセント(GIFアニメーションの動きを確認できない場合、PC版ページでご覧ください)

人、人、人! 人がたくさん、みんな笑顔!

 待機列が四条河原町の交差点まで伸びただけあって、たくさんユーザーが訪れてきてものすごく熱気で溢れていますが、みなさん笑顔という、不思議な空間でした。

一通り、そろっています
人がたくさん!
帰るときもハイタッチ!

毎日、訪れたくなる無料講座「Today at Apple」も開催

 1階奥の吹き抜け部分に配置されたフォーラムの大型モニターは無料講座、Today at Appleのセッションで利用されます。テーマは写真、音楽、プログラミングなど、興味深いものばかり。ショッピングやGenius Barでの修理相談以外にも、無料講座を目当てに訪問してはいかがでしょう。


Apple京都
住所:京都府京都市下京区四条通高倉東入立売中之町83-1



■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中