レインボーシックス シージでタチャンカが大活躍?!

プロ相手に参加者が善戦 Samsung SSDゲームイベント

文●ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Samsung SSDゲームイベント」が、ソフマップAKIBA②号館 パソコン総合館の2階にある「eSports Studio AKIBA」で開催された。

eSports Studio AKIBAで開催された「Samsung SSDゲームイベント」。主催はSamsung SSD販売代理店のITGマーケティング

 イベントにはプロゲーマー6名が集結し、人気FPSゲーム「レインボーシックス シージ」のエキシビションマッチを開催。来場者がプロゲーマーと一緒にプレイできた。

プロゲーマー5人と「レインボーシックス シージ」で対戦できた

 参戦したのは、RSK Ninjas Gaming所属のえれ子さん、SoulBoiさん、Milkydriftさん、GUNTWINS所属の冷食さん、ちーぼぅさん、COMP所属のはつめさんの計6名。

左からMilkydriftさん、SoulBoiさん

ちーぼぅさん

冷食さん、はつめさん

実況はえれ子さん(写真右)

 ルールは、爆弾を解除する攻撃側と爆弾を守る防御側に分かれて戦うゲームモードの「爆弾」。時間は4分で、リスポーンの位置と爆弾の位置は選べるように設定。3ゲーム先取したチームが勝ちとなる。

 プロゲーマーが華麗な技で圧勝するかと思いきや、イベントに参加した一般プレイヤーチームが善戦。即席のチームながら声を掛け合い連携をとっていた。最終的にはプロゲーマーチームが勝つものの、白熱した試合展開に会場からは拍手があがった。

Milkydriftさんは、タチャンカというネタキャラ(愛すべき最弱キャラ)で何度か戦いを挑んでいた。固定機関銃で1キルを奪うも、その直後に眉間を撃ち抜かれて戦線を離脱。お約束の展開に会場は大いに盛り上がった

 イベントでは、ゲームプレイのほかにも、Samsung SSDの紹介と豪華な製品が当たる抽選会が開催された。

 また、イベントに合わせて、ソフマップAKIBA②号館 パソコン総合館では「Samsung SSD 970 EVO」を特価で販売。256GBが9280円、500GBが1万8580円で購入できた。

Samsung SSDの紹介。イチオシは右下の970 EVOと970 PRO。高速なNVMeに対応する最新モデルだ

そのNVMeは、読み込み速度が圧倒的に早いので、ゲームのロード時間を短縮できる

SSDは寿命が短いと思われがちだが、現在のSSDは耐久性はバッチリ。SSDを9年使う前にPCの買い替え時期が先に来ると説明

実際にPUBGでSSDを使ってみたら、HDDの2倍以上読み込みが早くなったと、昨年の東京ゲームショウでの事例を紹介

ゲームプレイ後は、「Samsung SSD 970 EVO」など豪華な製品が当たるじゃんけん大会を実施

景品のあまりの豪華さに、SoulBoiさんもじゃんけんに参加するほどだった

SSD購入者先着9名に、今回参加したプロゲーマーのサイン色紙もプレゼントされた

Samsung SSDを手に持ち記念撮影

【関連サイト】

【取材協力】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月