このページの本文へ

編集部ピックアップの人気SIMフリースマホ全紹介! 【2018年6月版】 第1回

縦長&デュアルカメラにDSDV対応機も登場!

ZenFone 5が人気の中心! 人気SIMフリースマホ全紹介【ハイエンド編】

2018年06月03日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

実売5万円を切り、まだまだ魅力的な「ZenFone 4」

 すでにZenFone 5が登場したが、昨年秋と発売からは1年経っていないほか、6GBメモリー搭載など、十分以上に高い性能、Android 8.0へのアップデート、5万円を切ってきた実売価格など、まだまだ現役のモデルと言えるのが「ZenFone 4」だ。

 現在のZenFoneシリーズはデュアルカメラへの注力をアピールするが、それはZenFone 4でも同じ。本機のカメラはソニー製の12メガ大型センサーに、広角レンズを搭載した8メガセンサーの組み合わせとなっている。

 主なスペックは、クアルコム製の高性能コアを採用したSnapdragon 660(2.2GHz、オクタコア)、6GBメモリー、64GBストレージ、3300mAhバッテリーなど。カラバリはミッドナイトブラック、ムーンライトホワイトの2色。

標準+広角のデュアルカメラ。出っ張りはない

DSDS対応で3キャリアのSIMが利用できる

 なお、MVNOのセット販売用に本機のカスタマイズモデルが3万円台で提供されている。こちらはCPUがSnapdragon 630、メインメモリーも4GBになる。とはいえ、普段使いには十分な性能だろう。

Moto Modsの拡張性が魅力のMoto Zシリーズ第2世代
「Moto Z2 Play」

 背面に磁石でくっつく周辺機器「Moto Mods」が、最大の特徴であるモトローラのフラグシップスマホ「Moto Z」シリーズ。2017年登場の第2世代が「Moto Z2 Play」だ。

Moto Modsで機能が拡張できるMoto Zシリーズの新世代モデル「Moto Z2 Play」

 フルHDの5.5型有機EL、オクタコアのSnapdragon 626(2.2GHz)と、ディスプレー/CPUはミドルハイクラスながら、カメラや大容量バッテリーなど、すでに発売されているMoto Modsがすべて利用できる(前年モデルと互換性あり)。そのMoto Modsはポラロイドのモバイルプリンターやゲームパッドなど、その種類を増やしている。

前面下部の指紋センサーでは端末の操作も可能。最薄部5.99mmという薄型筐体だ

 そのほかのスペックは、4GBメモリー、64GBストレージ、大型センサーの12メガカメラ(イン5メガ)、3000mAhバッテリーなど。OSもAndroid 8.0にアップデートされている。そろそろ次期モデルが気になるところだが、Moto Modsの魅力は健在だ。

急速充電対応のバッテリーパックやモバイルプリンターなど、さらに種類が増えている

防水・防塵に対応したモトローラの高性能機「Moto X4」

 モトローラのフラグシップ「Zシリーズ」、ミドルクラスの「Gシリーズ」の間にあたる「Xシリーズ」の現行モデル。最大の特徴は国内ユーザーにはうれしい防水・防塵への対応。5.2型液晶を搭載し、現在主流の5.5型よりは一回り小さいサイズも日本のユーザーに適しているだろう。実売価格は約5万3000円。

防水&デュアルカメラ対応の「Moto X4」

 SoCこそミドルハイ向けのSnapdragon 630(2.2GHz、オクタコア)だが、4GBメモリー、64GBストレージなど、性能的には十分なもの。カメラもデュアルで標準+広角の組み合わせ。OSは早々にAndroid 8.0にアップデートされている。

 本機のもう1つの特徴はデザイン。鏡面仕上げの背面は指紋こそ目立ちやすいが非常に美しい。カラバリはスーパーブラック、スティーリングブルーの2色。

こちらはスティーリングブルーのカラバリ。こちらも背面が美しい

デュアルカメラは標準+広角の組み合わせ。側面はメタルフレーム

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン