このページの本文へ

採用のプロが教える、未経験でも開発者として採用される5つのヒント

2018年02月23日 17時21分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

未経験からプロの開発者になるためには何をしたらいいのか? アイルランドでリクルーター(採用の専門職)を務める筆者が、採用される確率があがるヒントを教えます。日本とはやや事情が異なる部分もありますが、就職活動を控えた学生のみなさんの参考にどうぞ。

開発者のスキルはあっても製品を開発した経験がないと、開発者のポジションには就けません。この記事では、リクルーターであるPaddy Sherryの「開発者になるためのアドバイス」を紹介します。

情報技術やIT学部を卒業した若者にとって、製品開発の経験なしでフルタイムの職に就けるかはキャリア上の重要な問題です。

情報技術の学位を取得すればソフトウェア開発に必要な知識が身について、好きな仕事に就けると考えているかもしれません。試験の成績が良く、プロジェクト実習は会心の出来で、最新のテクノロジーやJavaScriptライブラリーを学習してきた自負があるかもしれません。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング