このページの本文へ

国内で初めてディープラーニング分野でNVIDIA社のパートナーに認定

CTC、ディープラーニングに特化したNVIDIA「DGX-1」の取り扱いを開始

2017年09月15日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DGX-1」

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、NVIDIAのディープラーニング専用並列演算サーバー「DGX-1」の取り扱いを開始した。

 DGX-1はディープラーニング用途に特化した専用並列演算サーバー。 NVIDIA Pascal搭載の Tesla P100アクセラレーターで構築され、960TFLOPSの演算速度を持つ。CTCでは、企業データの分析や評価を担う大規模なシステムや製造業やサービス業でのディープラーニングシステムの構築実績があり、DGX-1の販売に関しても既存システムとの連携やフロントエンドの開発などを含めて導入設計から各種の設定、運用をサポートする。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!