このページの本文へ

上場企業の8割が「Googleアナリティクス」を利用

文●通販通信

2017年08月31日 02時03分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)DataSignが30日発表した「DataSign Report」によると、上場企業の83%が「Googleアナリティクス」を利用していることが分かった。

ウェブツールは「Google Developers」が1位

 同調査は、国内の上場企業3558社のコーポレートサイトを対象に実施した独自調査で「利用されているウェブサービス」についてまとめたもの。同社が提供するオンラインプライバシー通知自動生成サービス「DataSign FE」開発の過程で収集したデータを統計的にまとめた。調査日は8月19日。

 同調査では、調査対象のウェブサイトにおける同一ドメインの10ページを対象として、ウェブサイト閲覧時に発生する「ドメインが異なるURLへのHTTPリクエスト」からサービスを特定。その結果、上場企業の83.05%の企業が「Googleアナリティクス」を利用していることが明らかになった。2位以下は、「DoubleClick」(44.07%)、「Google Developers」(35.67%)、「Google Fonts」(25.30%)、「Facebook for Developers」(18.04%)の順となっている。

 サービスタイプ別では、「ウェブツール」(34.32%)、「広告」(28.63%)、「アクセス解析」(19.67%)の順に検出。このうち「ウェブツール」では、「Google Developers」(35.67%)、「広告」では「DoubleClick」(44.07%)、「アクセス解析」では「Google アナリティクス」(83.05%)が最も多く検出された。

 多くのウェブサイトで日常的にパーソナルデータを収集し活用する一方で、経済産業省のガイドラインや(一財)日本インタラクティブ広告協会のガイドラインに沿ったパーソナルデータ活用の透明性は確保されていない状況にある。そこで同社では、今後も独自調査により収集したデータをもとにしたウェブサービス利用実態調査を定期的にまとめ、さまざまな切り口から「DataSign Report」を公表していきたいとしている。

■「DataSign FE」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く