このページの本文へ

中古品を売る理由、20代「稼げる」・50代「もったいない」

文●通販通信

2017年08月25日 04時40分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

楽天リサーチ(株)が24日発表した中古品(リユース品)の売買に関する調査によると、中古品の売買で最も利用するのは、20代が「フリマアプリ」、40~50代は「オークションサイト」であることが分かった。

オンラインで不要品を売るにあたり最も障害となるものについて(n=1000/単位:%)

同調査は、20~60代の楽天リサーチモニター男女1000人を対象に実施したインターネット調査。調査期間は7月26~27日。

中古の洋服購入経験は女性が男性の2倍に

 これまでに購入したことのある中古品について尋ねたところ、全体の70%が「書籍・雑誌」と回答。次に「CD・DVD・レコードなど」(56%)、「ゲームソフト・ゲーム機器」(35.7%)、「ファッション小物(靴・かばん)」(26.5%)が続いた。一方、中古品の衣類については、女性は50.4%、男性は27.5%が「購入したことがある」と答えており、中古で服を購入したことのある割合は、女性が男性の約2倍に達した。

 中古品の購入先については、「古着屋・古本屋などの実店鋪」が67.9%と最も高く、次いで「オークションサイト」(44.4%)、「中古品通販サイト」(31.3%)の順に。不要品の売り先についても同様の順位となった。年代別では不要品の売買に、40代・50代では「オークションサイト」、20代では「フリマアプリ」を利用する割合が他の年代と比べて高かった。

その一方で、実店舗に売る際に「不要品を持っていくのが面倒」(26%)、「利用手数料が高い」(11.7%)といった不満を抱いている実態も明らかに。オンラインでは、「買い手との値下げ交渉が面倒」(22.7%)、「不要品を買い手に発送するのが面倒」(13.3%)、「価格設定・商品撮影など登録する情報を用意するのが面倒」(12.9%)などが出品時のマイナス要因に挙げられている。

 また、不要品(中古品)を売買する頻度については、「数年に1回程度」が33.3%と最も高く、「半年に1回程度」(17.5%)、「3カ月に1回程度」(14.5%)が続いた。年代別では30~60代では「数年に1回程度」が最も高かったのに対し、20代のみ「3カ月に1回程度」と答えた人が多かった。

中古品売買で利用するデバイスは「スマホ」が53.9%

 不要品(中古品)をオンラインで売買する際の利用デバイスについては、68%が「PC」、53.9%が「スマートフォン」と回答。15年の調査では、購入・販売いずれも「スマートフォン」を利用する人の割合が22%台だったことから、「スマートフォン」の利用者が大幅に増加したことが分かる。

 不要品を売る理由については、「捨てるのがもったいないから」(66.6%)、「お金を稼ぐことができるから」(52.1%)、「家に置く場所がないから」(23.1%)の順となった。年齢別では50代・60代は「捨てるのがもったいない」(72.6%)、20代は「お金を稼ぐことができる」(70.1%)がそれぞれ1位だった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く