このページの本文へ

「預ける→売る→買う」、フリマアプリで商品保管サービス

文●通販通信

2017年08月24日 01時57分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

クルーズ(株)は23日、ユーズドファッションアイテムが売買できるフリマアプリ『SHOPLIST USED』で、ファッションアイテムを低価格で預かり保管するサービスの提供を開始した。

フリマアプリで収納サービス市場にも参入

 『SHOPLIST USED』は、ファストファッション通販「SHOPLIST.com by CROOZ」と連携したフリマアプリ。さまざまなジャンルのユーズドファッションアイテム16万点(7月末時点)を取り揃えている。

 今回新たにサービス提供を開始する“預ける”サービスは、預けたいアイテムを箱に詰めて送ると、預けたアイテムが登録され、アプリ上で管理できるというもの。1箱あたりの月額保管料250円で保管でき、取り出しは自由に行える。また、保管しているアイテムを『SHOPLIST USED』に出品することもできる。

 同社では今回の新機能リリースにより、約2800億円といわれる衣類・服飾品のリユース市場のほか、年率約10%の勢いで成長中の収納サービス市場(約600億円)に参入。「預ける→売る→買う」を1つのアプリ上で体験できる新たな価値を創造することで、コマース事業の業績拡大につなげたいとしている。

■SHOPLIST USED

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く