このページの本文へ

超軽量で学習コストが低い最新JSライブラリー「HyperApp」とは何か

2017年08月22日 13時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

軽量・高速で、シンプルなJavaScriptライブラリー「HyperApp」を紹介。ライブラリーの作者が概要とサンプルを基に使い方を解説します。

複雑なツールを使いこなして優れたWebアプリケーションを構築するのは簡単ではありません。

HyperAppはシンプルさと機能の両立を目的に生まれたJavaScriptライブラリーです。ほかのフレームワークと同水準の機能を維持しながら、理解が必要な概念の数を極限まで削減しました。ReactやPreact、Mithrilと比べると、APIがコンパクトで、ステート管理が標準機能にあり、バンドルサイズが圧倒的に小さいところが特徴です。

HyperAppの概要、サンプルを使ったコードを解説します。ほかのフレームワークの使用経験は不要ですが、HTMLとJavaScriptの基礎知識があることが前提です。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く