このページの本文へ

「お菓子でプログラミング」の企画をグリコの担当者はいかにして通したか

2017年08月15日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「試して面白いアプリならOK」グリコがプログラミングアプリを制作できた、上層部を納得させる手法を伺いました。

第4回目となる「コードアワード2017」においてグランプリを受賞した、江崎グリコ株式会社によるプログラミング教材『GLICODE』(以下 グリコード)。

「コードアワード2017」オフィシャルガイドブックに掲載された本編に続く「番外編」では、グリコードによって見えた「お菓子と子どもの関係性」の新たな社会的課題、イノベーティブな企画を通すことができたポイントや、イノベーティブな企画を実現するチームづくりのカギなど、誌面だけでは語りきれなかったインタビューを紹介します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く