このページの本文へ

三越伊勢丹の「エムアイポイント」、共通ポイントサービスに

文●通販通信

2017年08月14日 09時50分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)三越伊勢丹ホールディングスは10日、グループのポイントサービスを強化するため、これまで三越伊勢丹グループで利用が可能だった共通ポイントサービス「Tポイント」の付与・利用を、2018年3月末で終了すると発表した。また、グループの「エムアイポイント」をグループ外でも利用できるようにする。

「エムアイポイント」をグループ外に拡大

 Tポイントの終了は、同社グループの「エムアイカード」「エムアイポイント」の利便性を高め、百貨店CRMとカード事業の拡大を進めるため。18年の春からは、エムアイカードのラインナップに、プラチナカードや百貨店街のチャネルで発行するクレジットカードを追加し、「エムアイポイント」が使える店舗もグループ外に拡大する。

 同社は2016年5月から、グループ百貨店・スーパーマーケット店舗でTポイントのサービスを開始していた。Tポイントのサービス終了に伴い、Tポイントを活用したマーケティングを行う合弁会社に関する提携契約も終了する。

 「エムアイカード」と「エムアイポイント」に関する新サービスについては、今後詳細が発表される予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く