このページの本文へ

優れたUXデザイナーになるための身に付けたい5つの行動

2017年08月14日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

優れたデザイナーは他のデザイナーとどこが違うのでしょうか。UXデザイナーとして成功したいなら押さえておきたい、5つの行動を紹介します。

UXデザイナーの需要は増え続けています。General AssemblyはUXデザインは2020年にもっとも有望な仕事の1つになると予測していますが、需要が増加すれば供給も増加します。この記事では、競争に勝つために優れたデザイナーの特徴を5つ紹介します。

UXデザイナーの需要は、健康から金融、技術、小売に至るまであらゆる分野に存在します。優れたソリューションの提供者はユーザーのニーズにあった、オンラインおよびオフラインの体験を生み出します。優れたUXデザイナーを探している人にとっては、彼らの特徴が参考になるでしょう。

1. 優れたデザイナーは的確なマイクロコピーを書く

Webサイトやアプリの使用中に、UIテキストが曖昧で迷ったり、フォームになにを書けばいいか分からなかったりしたことはありますか? ユーザーが混乱するのはマイクロコピーが不適切だからなのです。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く