このページの本文へ

フルーツ×日本酒の「フルートリート」、定期便第2弾の受付開始

文●通販通信

2017年05月30日 02時45分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)秋田ことづくりは6月3日、秋田産のフルーツと日本酒をセットで販売する「Fruitreat(フルートリート)」で、定期便第2弾となる「2nd season」の受付を開始する。

流通にのらない名品を販売

 「Fruitreat」は、秋田産の旬のフルーツと“美酒王国”と呼ばれる秋田の日本酒を組み合わせにして定期通販する日本初のサービス。2016年に東京から秋田に移り住んだ女性が起業したことで、NHK「サキどり↑」をはじめ多くのメディアに取り上げられ話題となった。また「シャインマスカット×ひやおろし」「桃×純米吟醸」などをセットにした1st seasonが好評となり、このセットのうち『いちご専用日本酒』が、内閣府『ふるさと名品オブザイヤー ふるさと名品・ベストストーリー部門賞』を受賞した。

 2nd seasonでは、個性的な果物とそれに合う日本酒を組み合せた自宅用セット『Fruitreat for me』と、ギフト用セット『Fruitreat for you』の2種類を用意。果物は農家との直接取引により「訳あって流通にのらない隠れた名品」を中心に構成する。日本酒は対象となる蔵元を拡大し、よりさまざまな秋田の日本酒を提供する。

 先行申し込みは6月3日から15日まで。先行特典として初回7月のフルーツ「ブルーベリー」が300g(3パック)から400g(4パック)に増量される。

■Fruitreat

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く