このページの本文へ

Googleなんかに振り回されるな!CVRを劇的改善するCROの4つの戦略

2017年05月29日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

トラフィックを集めることも大切ですが、その後の刈り取りはしっかりできていますか? 即購入につながらないユーザーを獲得するコンバージョン率最適化(CRO)を教えます。

デジタルマーケティングで、トラフィックジェネレーションほど関心を集めるものはありません。Googleがシステム変更するたびに、オンラインマーケティング全体が混乱状態に陥っているのです。

トラフィックはインターネットに不可欠ですが、トラフィックのあとの働きかけが同じくらい重要なのはいうまでもありません。コンバージョン率最適化(CRO)が注目されるのは、できるだけ多くのトラフィックを購読者やフォロワー、顧客獲得に結び付けたいと考えているからです。

たいていの人はCROはページ内のアクティビティに密接に関連していると捉えています。タイトル、写真、CTAなどランディングページの要素を最適化することも含まれます。しかし、忘れがちなのは購入プロセスが長いことです。ユーザーがサイトに訪れる前から購入までの道のりは始まっているのです。サイト外にいる訪問者をどのように引きつけるかが、サイトを訪れたときの反応に大きく関わってくるのです。そこで重要になるのがリードナーチャリング(見込み客の育成)です。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く