このページの本文へ

「BUYMA」男性会員数が100万人突破、アプリでユーザー拡大

文●通販通信

2017年05月16日 00時57分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)エニグモは12日、ソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA(バイマ)」の男性会員数が100万人を突破したと発表した。

アプリの開始で会員数が急増

 「BUYMA」は2005年2月、世界135カ国・9万人以上のパーソナルショッパー(出品者)から世界の魅力的な商品を購入できるソーシャル・ショッピング・サイトとしてサービスを開始。13年5月末に男性会員数が28万人、15年に50万人に達するなど順調に男性ユーザーを獲得し、この度100万人の大台に達した。男女合わせた会員数は16年時点で300万人を超えている。

 15年以来、メンズカテゴリではパーソナルショッパー(出品者)機能を強化し、国内男性に人気の海外ブランドの拡充を図っている。

 また、14年から15年にかけてリリースしたiPhone版、Android版の各アプリでは、検索機能の強化や男性向けにパーソナライズされた商品レコメンド機能の向上を実施。幅広い年齢層のユーザー獲得につなげた。さらにファッションメディア「STYLE HAUS」との連携により、サービスの更なる認知度向上を実現している。

■BUYMA(バイマ)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く