このページの本文へ

名古屋で物流ロボコン「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」開催

文●通販通信

2017年05月11日 01時56分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Amazon Robotics LCCは7月27日から30日にかけ、「ロボカップ2017 名古屋世界大会」が開催される名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で、物流ロボットコンテンスト「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」を開催する。

 同コンテンストは、ロボットのイノベーションの祭典として開催され、Amazonの技術的な課題の解決や産業界と学術界のロボットコミュニティを強化することを目的としたプラットフォームとなる。今回はオーストラリア、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スペイン、台湾の16チームのファイナリストが優勝賞金最大25万ドルをかけて競い合う。

 コンテストの内容は一定時間内に取り出しと収納に成功した商品数によって採点される。物体認識、姿勢制御、動作計画、作業計画、エラー検出/回復など、物流ロボに必要な技術・要素を組み合わせたものになっている。

 2016年のコンテストは、ドイツのライプツィヒで開催され、Delf Roboticsとデルフト工科大学ロボティクス研究所の共同チームのDelf Roboticsが優勝した。

■2017 年「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」参加チーム

  •  MC^2:三菱電機、中部大学、中京大学
  •  NAIST-Panasonic:奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック
  •  Team T2:鳥取大学、東芝
  •  Team K:東京大学
  •  MIT-Princeton:マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学
  •  Team Duke:デューク大学
  •  PLAID:カーネギーメロン大学
  •  GMU-Negev:ジョージメイソン大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学
  •  ACRV:クイーンズランド工科大学
  •  IITK-TCS:インド工科大学カーンプル校、タタ・コンサルタンシー・サービシズ
  •  TKU M-Bot:淡江大学
  •  Nanyang:南洋理工大学
  •  NimbRo Picking:ボン大学
  •  UJI RobInLab:ジャウメ1世大学
  •  Applied Robotics:スマートロボティクス、シドニー大学
  •  IFL PiRo:カールスルーエ工科大学、ヘルムートシュミット大学 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く