このページの本文へ

スマホ用精子セルフチェック「Seemキット」をアマゾンで販売

文●通販通信

2016年11月22日 00時49分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)リクルートライフスタイルは21日、スマートフォンで精子のセルフチェックができる「Seem(シーム)キット」を、Amazon.co.jpとビッグカメラ27店舗で販売開始した。

 「Seemキット」は、顕微鏡レンズ・精液採取用カップ・採取棒・測定チケットをセットにしたもの。アプリが精液を解析し、その場ですぐに精子の濃度や運動率が測定できる。専用アプリをダウンロードすれば、すぐに利用できる。

 WHO(世界保健機関)の調査では、不妊の原因の約半数は男性側にあることがわかっているが、心理的な抵抗感や時間的な制約があるため、男性が医療機関で精液検査を受けにくい状況にある。このような社会的な背景から、同社は国際医療福祉大学大学院の岩本晃明教授の協力で臨床試験を実施し、自宅で精子の状態をセルフチェックできるサービス「Seem」を開発した。

 ■「Seem」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く