このページの本文へ

「FutureShop2」でカゴ落ちメールオプション開始

文●通販通信

2016年10月25日 01時43分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ロゴ (株)フューチャーショップは24日、「FutureShop2」を利用するECサイトを対象に、カゴ落ちメールオプション「FutureCartRecovery」の事前申し込み受付を開始した。サービスの開始は11月7日からとなる。

 「FutureCartRecovery」では、ECサイトのカートに商品を入れたがそのまま離脱したユーザーに、あらかじめ設定したタイミングでメールを送信し、再訪問を促すことができる。メールではカートに入れた商品情報だけを案内し、再訪問したユーザーはすぐに購入ステップに進むことができる。

 また、同機能で送信したメール経由での購入金額とコンバージョン率を確認できるほか、サイト訪問者のカート投入や購入完了状況、カート放棄による機会損失状況をリアルタイムで確認できる。

 同社では、「カゴ落ち率」が高い背景には、ECサイト内の情報不足や利便性に関する問題だけでなく、スマートフォンでのスキマ時間を利用したショッピングは中断が多くなること(電車で駅に到着したなど)、SNSなど他のアプリからのメッセージ通知によって遮断されることなど、スマホでの購入特有の理由がある、としている。

 同社は同オプションを11月28日までに申込めば、初期費用無料で12月末まで月額無料で利用できるリリースキャンペーンも行っている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く