このページの本文へ

膨大なデマツイートに惑わされるな

NICT、大規模災害時の膨大なツイートをAIを用いて要約、可視化するシステム「D-SUMM」

2016年10月19日 18時57分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
D-SUMMによる熊本地震の被災報告の要約

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は10月18日、大規模災害時の被災状況を人工知能を用いて要約、マッピングするシステム「D-SUMM(ディーサム)」(Disaster-information SUMMarizer)を試験公開した。

 大規模災害時にTwitterに流れる膨大なツイートを整理して要約するシステム。既存システム「DISAANA(ディサーナ)」では「火事が起きている」「火災が発生している」といった意味的に類似するツイートでも別々に出力されていたが、D-SUMMではよりコンパクトに分かりやすく提示。被災報告とそのタイプ(地震、道路などインフラ被害、物資の不足)を分類し、細かなエリア単位で報告を整理、さらに重大な被害報告が多く挙がっているエリアから順に提示するといった機能を備える。

同じ状況を異なる表現で報告するツイートを人工知能技術を用いて要約する

 これらの機能の実現のため、既存システムで被災報告のタイプを分類するために使用していた意味カテゴリー辞書を機械学習、統計処理を用いて細分化し、より細かい意味カテゴリーとした。

整理した被災状況を地図上に可視化することで、被災状況を把握しやすい 

 NICTでは、D-SUMMがどのように動作するのか体験できるように、熊本地震本震が発生してから12時間の間にTwitterに発信された数千件に上るツイートを対象とした体験サイトを公開している。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!