このページの本文へ

Uberの何がヤバかったのか? UXデザインが解決した公共交通の4つの問題点

2016年08月11日 23時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

160812uber

だって便利だもん。世界中で配車サービスを展開している「Uber(ウーバー)」。いろいろな問題が報じられながらも成功しているのは、公共交通機関のUXの課題を解決したから。まとめてみました。 カーステレオの音量を上げるときやTinderであれこれスワイプ操作をする場合、ユーザーインターフェイスはコントロールパネルやタッチスクリーン、ディスプレイに限られています。 しかし、ユーザーエクスペリエンス(UX…

→この続きをWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く