このページの本文へ

スクロールは減収減益、通販アパレルは増益

文●通販通信

2016年07月29日 09時24分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)スクロールが28日発表した2017年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が前年同期比9.2%減の153億3000万円、営業利益は同14.9%減の8億6900万円、純利益は同18%減の7億900万円と、減収減益となった。

 通販アパレル事業は、売上高が同12.9%減の63億6000万円、セグメント利益が同52.5%増の3億4600万円となった。40代・50代女性向けの通販ブランド『Brillage(ブリアージュ)』で、人気のボトムスを焦点に品揃えを強化。生協販売では商品テイストや価格帯の幅を広げ、多様化するニーズに対応した。

通販インナー事業は、売上高が同3.2%減の19億300万円、セグメント利益は同114.6%増の1億7100万円。通販H&Bは、売上高が同18.2%減の19億9900万円、セグメント利益は同39.1%減の2億7100万円。物流代行などのソリューション事業は、売上高が同11%増の19億9600万円、セグメント利益は同12.8%減の9800万円となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く