このページの本文へ

「iQON」、機械学習導入でアイテム閲覧数が4倍に

2016年07月25日 02時23分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)VASILYは25日、ファッションアプリ「iQON」で、機械学習を活用しユーザー単位での商品をレコメンドするコンテンツ「for you」とアイテム詳細ページに表示される「類似アイテムレコメンド」の導入で、ユーザーのアイテム閲覧数が約4倍に向上したと発表した。

 「iQON」では、80万点以上のファッションアイテムを閲覧・購入できるファッションアプリ。好みのアイテムに「LIKE」ボタンを押し、アイテムを探す行動を促している。莫大なアイテムから好みのアイテムを素早く見つけ出すことをサポートするため、2016年6月から機械学習を活用してユーザーに好みのアイテムを推薦する「for you」と、好みに類似するアイテムの同時比較できる「類似アイテムレコメンド」を開始。

 2機能の導入から1カ月で、アイテム閲覧数が約4倍に向上し、提携サイトが販売するアイテムの購入率は約2倍に向上した。

 ■「iQON」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く