このページの本文へ

セキュリティ対策が強化!! Windows 10 &第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1

2016年07月25日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1で大きく進んだマルウェア対策

 すでにご存じの方は多いはずだが、マルウェアは大きな問題となっている。とりわけ昨年頃から、ファイルを暗号化して使えないようにして、金銭を要求するランサム(人質)ウェアと呼ばれるマルウェアが流行しており、業務の大事なファイルが使えなくなるといった危険性が格段に高まっている。対策には、OSやアプリケーションを最新の状態に保つのはもちろん、セキュリティーソフトの利用も欠かせない。

 Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1では、進化した「Windows Defender」が利用可能だ。「Windows Defender」は、ファイルの入手元、保存場所などさまざまな情報からマルウェアかどうかを検査するなど、マルウェア対策機能が強化された。さらに、ユーザーアカウント制御(UAC)と連携することで、ファイルが実行されてUACが動作する際に、昇格のプロンプトが表示される前に検査できるようになった。

 新たに「起動時マルウェア対策(ELAM)」も採用。通常、マルウェア対策ソフトはWindowsの後に起動するため、Windowsのスタートアッププロセス中にマルウェアが活動すると対処できなかった。ELAMでは、ドライバーの整合性をチェックし、信頼されたドライバー以外が起動できないようすることで、マルウェアによる攻撃に対処する。

第6世代 インテル Core プロセッサーは、
ハードウェアベースのセキュリティー機能を搭載

 さらに第6世代 インテル Core プロセッサーは、ハードウェアベースのセキュリティー機能を特長としており、 Windows 10 の柔軟なセキュリティー機能と絡め、ハードとソフト両面からユーザーの大切な情報を守っているのだ。

 例えばインテル SGXでは、攻撃対象となる領域を少なくするために、ハードウェアによるセキュア領域を作り、マルウェアから見えないようにデータを置くということが可能。MPXなどのメモリー保護拡張では、不正なプログラムによるメモリーエリア内の異変を監視できる。マルウェアによるメモリー内の改変をチェックできるのだ。

 Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーとの組み合わせなら、ハードウェアとソフトウェアの両面からセキュリティーを確保し、ユーザーの大切なデータを保護できるというわけだ。

Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1が生み出す利便性と高い生産性

 Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1は、薄・軽タイプの製品が揃っているため、注目している方は多いはず。ただ法人の場合、コストをはじめ、そもそも2in1とはどのようなPCか、業務にどう活用できるか、どのように生産性を高められるか、はたまた管理する側の負担なども考慮する必要がある。そこで、“ジサトラ”ならではのスタイルでそのメリットをわかりやすくまとめた解説が、「使い勝手・運用管理編」だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ