このページの本文へ

企業のWEBサイト、企業側は「動画」・生活者は「内容」を重視

2016年06月22日 09時07分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ロゴ (株)電通パブリックリレーションズが22日発表した「第2回企業広報力調査」「第1回企業魅力度調査」の結果によると、企業のWEBサイトは、企業側は動画を重視する一方、生活者は動画コンテンツという形式より、「ストーリー性・客観的な情報・体験や利用シーン」などの内容に魅力を感じていることがわかった。

 「第2回企業広報力調査」は、上場企業3664社の広報担当者を対象に2~4月にかけて実施した調査。「第1回企業魅力度調査」は3月、1万人の生活者を対象に、どのような企業に魅力を感じるかを調査した。

 同調査によると、企業側が行った「WEBサイトのコンテンツの工夫」は、「動画コンテンツ」が最も多い43%で、「調査データなどの客観的な情報」は17.9%だった。

 一方、生活者が「企業サイトを詳しく見たいと思う要素」は、「製品の開発秘話・拝啓などストーリー性があるコンテンツが掲載されている」が36.9%、「調査データなどの客観的な情報」は36.2%、「動画コンテンツ」は14.5%となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

Webディレクター江口明日香が行く