このページの本文へ

コードアワード2016が決定、大賞は見送りに

2016年06月15日 13時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

D2Cは、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワードコードアワード2016」の受賞作品全12作品を決定した。7月27日に、D2Cホールで「コードアワード2016贈賞式」が開催される。

2016年3月16日から4月20日にかけて、広告主や広告会社、制作会社から応募された139作品からファイナリスト29作品まで絞り、TBWA\HAKUHODOの佐藤カズー審査員長をはじめ9人の審査員のもとで最終選考がすすめられていたが、グランプリは見送りとなった。なお一般からのWeb投票で決定されるパブリックベスト賞は7月27日の贈賞式で発表される。

D2Cによると、「ベスト・ユース・オブ・メディア」の「Native Mobile Music Video」など、スマートフォンを意識した作品が多かったこと、「ベスト・イノベーション」のスマートフォンと連動する歯ブラシ「G•U•M PLAY」、「審査員特別賞」の手を叩くと散らかった状態から、本来の位置に自動的に戻るオフィスチェア「INTELLIGENT PARKING CHAIR」といった、IoT作品が多かったことが今回の大きな特徴とのことだ。

「ベスト」賞

部門別の「ベスト」賞は、以下の4作品が選ばれた。

ベスト・イノベーション
G•U•M PLAY(サンスター)
02.png
ベスト・イノベーション賞「G•U•M PLAY」
ベスト・クラフト
GREEN NAME(KIRIN)
03.png
ベスト・クラフト賞「GREEN NAME」
ベスト・イフェクティブ
GIGA Selfie(オーストラリア政府観光局)
04.png
ベスト・イフェクティブ賞「GIGA Selfie」
ベスト・ユース・オブ・メディア
Native Mobile Music Video(キングレコード)
05.png
ベスト・ユース・オブ・メディア賞「Native Mobile Music Video」
ベスト・ユース・オブ・データ
該当作品なし

審査員特別賞

審査員特別賞は、以下の1作品が選ばれた。

INTELLIGENT PARKING CHAIR
日産自動車
06.png
審査員特別賞「INTELLIGENT PARKING CHAIR」

「グッド」賞

部門別の「グッド」賞は、以下の8作品が選ばれた。

グッド・イノベーション
mineoフリータンク(ケイ・オプティコム)
グッド・クラフト
Deja vu | KAMRA(インビジブル・デザインズ・ラボ)
グッド・イフェクティブ
INTELLIGENT PARKING CHAIR(日産自動車)
グッド・ユース・オブ・メディア
くばら あごだしチャレンジ(久原本家グループ本社)
Family Reminder(江崎グリコ)
グッド・ユース・オブ・データ
長崎新聞配達ルート データMAP化 プロジェクト「The Way」(長崎新聞社)
YASKAWA BUSHIDO PROJECT(安川電機)
エゴサーチ採用(面白法人カヤック)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く