このページの本文へ

ルミネが「WEBCAS Talk」導入、クリック率・CV率を上昇

文●通販通信

2016年05月18日 09時49分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)ルミネはこのほど、(株)エイジアが提供するネット通販会員IDとLINEアカウントを連携したユーザーに最適なメッセージを配信する「WEBCAS Talk」を導入した。

 ルミネは2014年2月からLINE公式アカウントを開設し、現在約830万人の友だちを獲得。LINE公式アカウントを活用し、店舗を利用するマスターゲットに情報配信を強化してきた。今後は、ECの会員データを活用し、会員属性や行動履歴に応じた情報を提供することで「よりユーザーメリットの高いコミュニケーション」を実現する。

 LINEアカウントとアイルミネ会員IDの連携は、ユーザー自身で操作する必要があり、ルミネではLINEユーザーがメリットを感じながら自然に連携操作ができるようにするため、『アイルミネ会員特典のLINE ギフトコードプレゼントキャンペーン』を実施。当初の目標設定を上回る連携会員を獲得した。

 ルミネではこの連携会員を「ルミネの実店舗もネット通販も相互に利用する優良会員」と位置付け、ネット通販会員のメリットが高い「EC限定の優待セール情報やクーポン情報」を「WEBCAS Talk」を活用して不定期配信し、サイト流入と購買機会を創出。クリック率も平均10%を超え、コンバージョン(購買)率も公式アカウントを圧倒しているという。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く