このページの本文へ

JADMA、6月に「アジア通販サミット」を福岡で開催

文●通販通信

2016年05月09日 09時09分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (公社)日本通信販売協会(JADMA)と中国電子商会(CECC)、韓国オンラインショッピング協会(KOLSA)は6月9日・10日の2日間、「アジア通販サミット(Asia Direct Marketing Vision2016)」をホテル・オークラ福岡で開催する。

 同サミットは、日本・中国・韓国を代表する業界団体が共催し、各国の通販業界と交流を深めることをが目的。昨年は韓国・済州で開催された。

 
 6月9日は「歓迎宴&授与式」が行われ、10日には各国の基調講演があり、日本からは楽天(株)常務執行役員の高橋理人氏、福岡大学准教授の太宰潮氏、(株)トライステージ取締役執行役員の鈴木雄太郎氏、(株)ジャパネットたかた代表取締役社長の高田旭人氏が講演する。参加費は9・10日の参加がJADMA会員2万7000円、一般3万4000円、10日のコンファレンスのみの参加がJADMA会員1万円、一般1万5000円。申込締切は6月2日。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く