このページの本文へ

プロフィードとeBASE、統合カタログシステムの販促で連携

文●通販通信

2016年03月23日 01時06分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)プロフィールドは22日、eBASE(株)と統合カタログシステムの販促で連携すると発表した。

 プロフィールドが提供するサーバー自動組版機能(特許技術)を持つカタログ制作向けソリューションパッケージ「カタログXCMS」と、eBASEが提供する商品データベース「eBASEServer」を連携させることで、サプライヤから商品購入者までのシームレスな販売促進を実現する。

 これまでカタログ制作は、商品データの管理からデータの受け渡し、制作途中のカタログ内容の確認などに時間と手間が掛っていたが、「カタログXCMS」では各関係者間の連携や制作・校正を自動化。カタログの制作時間やコストを大幅に削減し、データ連携による誤掲載を抑止する。

 ■「ソリューションサイト」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く