このページの本文へ

アスクルとマネーフォワード、オフィス・個人向けサービスで提携

2016年03月02日 01時12分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image アスクル(株)は1日、(株)マネーフォワードと業務提携し、オフィス向け、個人向けの新規サービスを共同開発・展開すると発表した。

 両社は今回の業務提携により、オフィス向けクラウドサービス「MFクラウド for ASKUL(仮称)」を共同開発し、全国約1400社のアスクルエージェントやカタログを通じて、顧客(中小企業)に適したクラウドサービスを提供。

 また、マネーフォワードが展開する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに、アスクルが提供する「LOHACO」の顧客向けに機能・情報を拡充したアプリケーション「LOHACO家計簿 powered by Moneyforward(仮称)」を共同で開発する。

 マネーフォワードは2012年創業。オフィス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」や個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」など、お金に関するプラットフォームを開発・提供し、利用者数を伸ばしている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く