このページの本文へ

Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2016年02月22日 07時18分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に

米Facebook は2016年4月12日より、パブリッシャーがニュース記事を直接、Facebook のニュースフィードに配信するサービス「Instant Articles(インスタント記事)」を全てのパブリッシャーが利用可能になると発表した。

Instant Articlesは、モバイル環境におけるページ読込速度の遅さがニュース閲覧体験を損ねている問題を解決するためのサービスの1つ。Instant Articlesに対応すると、Facebook 上で高速にニュース記事を表示することが可能になり、ユーザーはサイトを移動することなく素早く全文を閲覧できるようになる。同機能は2015年5月から順次提供が開始され、今年1月には日本経済新聞や東洋経済などがテスト導入を開始した。米国では Instant Articles のみでビジネスを展開しているメディアも登場している。

パブリッシャーは Instant Articles の広告やデータ、体裁などを完全に自社で管理することができ、自社販売広告の収入も 100%全額受け取ることが可能。既存の広告効果測定やウェブ分析ツールも利用できる。

Opening Up Instant Articles to All Publishers
http://media.fb.com/2016/02/17/opening-up-instant-articles/

Welcome to Instant Articles
https://developers.facebook.com/docs/instant-articles

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く