このページの本文へ

楽天、バーチャル試着サービスを試験運用

2016年01月27日 01時41分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 楽天(株)は26日、楽天市場で、バーチャル試着サービス「バーチャル・フィッティングルーム」と、最適な衣服サイズを提案するサービス「フィット・アドバイザー」の試験提供を開始した。

 同サービスは、英国の子会社Fits.me Holdings Limitedの技術を活用したもの。「バーチャル・フィッティングルーム」では、ユーザーが身長や体重などの情報を事前に入力することで、衣服の購入前に試着した際のサイズイメージやフィット感を商品ページ上でバーチャルに確認できる。「フィット・アドバイザー」では、ユーザーが身長や体重などの情報を入力すると、おすすめのサイズ(S、M、Lなど)を表示する。

 今回の試験運用では、「紳士服はるやま」のメンズ用ワイシャツ約60点が「バーチャル・フィッティングルーム」で試着でき、ファッションブランド公式ECサイト「スタイライフ」の約8000点で「フィット・アドバイザー」が利用できる。

 ■「バーチャル・フィッティングルーム 紳士服はるやま」

  「フィット・アドバイザー スタイライフ」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く