このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

人気SIMフリースマホ全カタログ【2016年初頭版】 第1回

SIMフリースマホデビューは1万円前半から可能!

人気SIMフリースマホの特徴とスペック全紹介! 【1万円台編】

2016年01月09日 15時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

税抜2万円ながら5型HD液晶と高性能
ZTE製の“gooのスマホ”「g02」

 NTTレゾナントが“gooのスマホ”として販売している「g02」。gooのサイト上(関連リンク)でOCNのSIMとセット販売されているほか、量販店でも扱われている。

 端末自体はZTE製「Blade S Lite」。2015年4月の発売で、ネット直販では税抜2万円と今回の枠ではギリギリだが、スペックを考えれば、お買い得度はいまだに高い。ディスプレーは5型HD液晶(720×1280ドット)で、CPUはクアッドコアのSnapdragon 410 1.2GHz。カメラもリア8メガ/イン5メガだ。

 メインメモリーは1GB、ストレージは8GB。バッテリー容量は2400mAhとこのクラスでは大きめで、ほぼ不満なく利用できる性能だろう。LTEもドコモXiの3周波数に対応している。

Gooのスマホの「g02」。現在はg05までリリースされている

geaneeブランドのシンプルなSIMフリー機「GM-01A」

 「geanee」ブランドで格安なスマホ/タブレットをリリースしているジェネシスホールディングスのLTE対応モデル。主要スペックはqHD解像度の4.5型液晶(540×960ドット)に、クアッドコアのSnapdragon 410(1.2GHz)、1GBメモリー、8GBストレージと約1万6000円のスマホとしては、若干スペックは高めとなっている。

geaneeの税抜1万円台のLTE対応SIMフリースマホ

楽天モバイル専売モデルもお買い得感は相当高し!
Acer「Liquid Z330」

 楽天モバイルでのセット購入のみと、本特集では本来は対象外だが、エントリークラスでは非常に魅力的な1台ゆえに特別に紹介するのがAcer「Liquid Z330」だ。

楽天モバイルでSIMの契約とセットで購入可能なエントリー機

 4.5型FWVGA液晶(480×854ドット)、Snapdragon 210 1.1GHz(クアッドコア)、1GBメモリー、8GBストレージとスペック的には完全にエントリークラスも、タッチパネルの反応も含めて、そつのない作りで満足して使える1台だ。LTEもドコモXiの3周波数に対応、2000mAhのバッテリーはユーザーによる交換も可能と、この点でも文句なし。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン