このページの本文へ

「LINEフラッシュセール」が海外商品を現地価格で提供

2015年07月23日 03時04分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image LINE(株)は22日、LINEで展開するセールサービス「LINEフラッシュセール」に、ファッション・雑貨などの海外ブランドを現地価格で購入できる「LINEトリップバザール」を開設した。

 海外の販売元が同サービス用に商品を一定期間キープし、商品が売れた分だけ発注する独自の受発注システムを使用。販売元からユーザーに商品を直送するため、大幅なコスト削減を実現した。国際便の送料も含め、現地価格で提供する。日本で同じ商品が販売されている場合、国内価格の2割~3割程度の価格になるという。サービス開始時の取り扱いブランドは、Melie BiancoやMaridaなどアメリカの約15ブランド。年内に100ブランドまで拡大する予定。

 「LINEフラッシュセール」は、ファッションアイテム・コスメ・食品など、各曜日に設定されたテーマごとに1週間限定で販売するフラッシュセールサービス。LINE上で商品の購入・決済ができる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く