このページの本文へ

編集した動画を4Kハンディカム「FDR-AX1」などで再生できる

Apple Compressorでソニーの「XAVC S」出力を可能にするプラグイン

2015年07月22日 13時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple CompressorでAVC MP4/XAVC Sフォーマットファイルの出力を可能にするプラグインソフト「Video Edit Components for Apple Compressor」

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは7月22日、Apple Compressorの機能を拡張するプラグインソフト「Video Edit Components for Apple Compressor」を発表した。同日よりダウンロード販売を開始している。

 Apple Compressorは、映像編集ソフト「Final Cut Pro X」のためのエンコーディングツールだ。本ソフトをApple Compressorに追加すると、ソニー製カメラに準拠したAVC MP4/XAVC Sフォーマットファイルの出力が可能となる。

 特に、Mac環境では困難であるというXAVC Sフォーマットでのファイル出力が行なえることで、編集した動画をソニー製カメラ(XAVC Sフォーマットを採用する「FDR-AX1」や「α7 II」など)で再生したり、カメラ経由でテレビで閲覧したりできるようになるという。

出力フォーマット一覧。※50/60pはソニーのFDR-AX1のみで再生可能
ソニー「FDR-AX1」

 対象OSはMac OS X v10.10以上。価格は1万584円だ。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中