このページの本文へ

学研HD、2万2108人の個人情報流出の疑い

2015年07月15日 07時46分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)学研ホールディングスは13日、学研教育出版が高校生向けに提供しているe‐ラーニングサービス「マイガク」の利用者2万2108人の個人情報が流出した可能性があると発表した。

 流出の疑いがある個人情報の内容は、学校・塾名・管理者か受講生のカタカナ氏名で、一部でメールアドレスなども含まれる。

 8日に第三者調査機関から情報流出の指摘があり、サーバーへの不正アクセスの痕跡を確認。不正アクセスは「マイガク」のほか、「保育CAN」「保育CANカタログ」「ママノート」にもあった。10日にはこれらのサービスの利用を停止した。流出した可能性がある情報は、ネット上には拡散していないことを確認しているという。同社はお客様窓口を設置し、利用者に連絡を取っている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く