このページの本文へ

フルデバッグ環境を搭載して組み込み用途に適した新型Arduino

IoT開発に最適なマイコンボード「Arduino M0 Pro」発売

2015年07月13日 15時17分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Arduino M0 Pro 

 電子/電気部品の通販会社アールエスコンポーネンツは7月13日、組み込み機器向けに適したマイコンボード「Arduino M0 Pro」を発売した。

 学習用マイコンボードArduinoの次世代モデルとも言える製品で、プロセッサーにARM Cortex M0(32bit)を採用。コントローラーにAtmel SAM D21マイクロコントローラーを使用し、追加のハードウェアなsにフルデバッグ可能なAtmel Embedded Debugger(EDBG)が利用できる。

ボード上のピン配置などはArduino Unoを互換性がある

 現在Arduinoで多用されているArduino Unoをベースとしており、3.3Vシールドと互換性がある。入出力は、デジタルI/O×14(PWMが12チャンネル+UART)、12bitのADC入力チャンネル×6、10bitのDAC出力×1。動作電圧3.3V。価格は5234円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン