このページの本文へ

徳島県・Amazon・ヤマト運輸、大規模災害時の物資輸送で協定

2015年07月08日 03時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image アマゾンジャパン・ロジスティクス(株)と徳島県、ヤマト運輸(株)は7日、「災害発生時における物資輸送に関する協定」を締結し、大規模災害発生時に被災者と支援者をつなぐ新たな支援スキームを構築すると発表した。

 徳島県とAmazonは14年9月にも協定を結び、県内約1200カ所の避難所にAmazonユーザーが被災者の必要とする物資を必要な量だけ支援する「ほしい物リスト」サービスを導入した。同サービスは、東日本大震災時に約7000カ所以上の避難所や学校、個人宅などに合計10万個の支援物資を届けた。

 今回の協定で県と両社は、被災者の必要とする物資を必要な量だけ迅速・確実に配送する物資輸送モデルを構築し、行政などの公的な支援物資では行き届かない被災者のニーズに応える支援体制を整備する。

 徳島県は南海トラフ巨大地震発生時の死者ゼロを目指し、建築物の耐震化、避難路や避難場所の整備など、防災対策に積極的に取り組んでいる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く