このページの本文へ

楽天がアクティビティー紹介サイトを買収、インバウンドを強化

2015年07月03日 02時23分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

20150703ボヤ人 楽天(株)は2日、旅行先の旅行体験(アクティビティー)を個人間で取引できサイト「Voyagin(ボヤジン)」を運営するVoyagin Pte. Ltd.(シンガポール)の株式の過半数を取得し、同社をグループ会社にした。

 Voyagin社は、現地の魅力を紹介したい個人(ホスト)がアクティビティーを企画し、旅行者(ゲスト)に販売できるC2C型のアクティビティー予約サービス「Voyagin」を運営。同サービスを英語、日本語、中国語で展開し、アジアを中心とした50以上の国で、約1700のアクティビティーを提供している。同サービスは、楽天が運営する「楽天トラベル」の宿泊プランに活用される見通し。楽天は今回の出資で、東南アジアを中心とした訪日外国人向け事業(インバウンド)を強化する。

■「Voyagin(ボヤジン)」
https://www.govoyagin.com/?lang=ja

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く