このページの本文へ

今日発売! 5000万画素超の「EOS 5Ds/5DsR」の画質をチェック!

2015年06月18日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

24-70mm/F2.8を使い、絞りを変えて撮影
「5Ds」と「5DsR」の違いを見てみる

5Ds広角側の撮影サンプル

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 絞り開放からそこそこにシャープで解像感が高く、周辺部まで均一性も高い。絞りをF5.6まで絞るとかなりシャープネスが向上する。F8.0付近で一番解像感が高く、画面四隅まで含めていい画質になる。F11以降は絞っていくと解像感が低下していってしまう。

5Ds望遠側の撮影サンプル

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 望遠側も絞り開放からシャープネスが高い。絞ればさらによくなり、F11で一番解像感が高くなる。F16以降は解像感が低下していってしまう。

 

5DsR 広角側の撮影サンプル

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 「5Ds」との違いはほとんど見られない。モニターで100%で表示してよく見比べると確かに「5DsR」のほうが解像感が高いと感じられる程度の差だ。

5DsR 望遠側の撮影サンプル

F2.8 F4.0
F2.8F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 望遠側でも同じ感じだ。順光でいい感じの光のあたり具合もあり、ともに良好な結果が得られているが、環境次第では差が出る可能性もある。少しでも解像感を求めるならやはり「5DsR」を選ぶべきだろう。

次ページへ続く、「「ピクチャースタイル」など特殊効果も完備!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン