このページの本文へ

リムーバブルメディアや電子メールにも対応、情報漏洩対策製品を拡充

キヤノンITS、ESET製のHDD/SSD暗号化ソフトを国内発売

2015年05月26日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、スロバキアのESETが開発するHDD/SSD暗号化ソフト「DESlock Plus Pro」の国内販売を5月27日より開始する。リムーバブルメディアや電子メール(本文、添付ファイル)の暗号化にも対応した情報漏洩対策製品。

キヤノンITSが販売開始する「DESlock Plus Pro」のパッケージおよび画面サンプル

 キヤノンITSでは、ESET製品の国内総販売代理店として「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」を展開している。エンドポイントセキュリティである「ESET セキュリティ」や「ESET Endpoint Protection」のほか、ゲートウェイ向けのWeb/メールセキュリティといった情報漏洩対策製品も国内市場に投入している。

 今回発売されるDESlock Plus Proは、米国連邦標準規格(FIPS 140-2 level 1)認定のハードディスク暗号化機能、リムーバブルメディア暗号化機能を備え、盗難や紛失による情報漏洩を防ぐソフトウェア製品。

DESlock Plus Proの画面サンプル

 Windowsの起動ドライブを含むHDD/SSDなどのストレージ全体(あるいは特定パーティション)、USBメモリやSDカードなどのリムーバブルメディア、さらにファイルやフォルダ単位やテキスト(文字列)単位での暗号化が可能。

 「Microsoft Outlook」対応のプラグインもあり、メール本文や添付ファイルを自動的に暗号化/復号することもできる。無償配布の復号ツール「DESlock+ Reader」を利用することで、DESlock Plus Proを導入していない相手とのメールのやり取りも保護できる。

 対応OSはWindows 7/8/8.1(各32ビット/64ビット版)。1年間利用可能な新規ライセンスの販売価格は1万2800円で、2年目以降の更新価格は4800円(いずれも税抜)。