このページの本文へ

iPhoneに接続する定番ギターインターフェースがモデルチェンジ

IK Multimedia、新ギターインターフェース「iRig2」をCESで発表 

2015年01月06日 17時27分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iRig2

 伊IK Multimediaは1月5日(米時間)、CESにて新ギターインターフェース「iRig2」を発表した。

 iRigはギターやベースに装着し、スマホと接続してアプリを経由して演奏・レコーディングを行うインターフェースユニット。iRig2になってアンプ接続用出力端子が追加され、練習やレコーディングだけでなくライブ演奏にも利用可能になった。

アンプに直接接続できるようになり、利用シーンが増えた

 FX/スルー出力を切り替えるスイッチも装備され、エフェクトサウンドと生音を切り替えて演奏できるほか、入力ゲイン調整ダイヤルも装備されたことでギターやベースのピックアップに合わせて調整可能。

エフェクト・アンプ・モデリング・アプリ「AmpliTube Free」、レコーディング・アプリ「GarageBand」(いずれも無償提供)などに対応する

 日本国内の発売は2015年春頃を予定しており、実売想定価格は5400円前後。

iRig Mic Field。Lightning端子部は90回転して縦位置でも横位置でも録音できる

 また、2014年9月に発表したiPhone用デジタルマイク「iRig Mic Field」が全世界でようやく発売となった。iRig Mic FieldはiPhoneのLightning端子に接続するマイクで、24bit A/Dコンバーターを内蔵、24bit(44.1/48kHz)の高品位デジタル録音を可能とする。すでに販売中で、実売価格は1万4580円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン