このページの本文へ

直近1年のOL通販経験者、PCは92%・スマホは15%

2014年05月15日 01時12分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image マイボイスコムは5月14日、「オンラインショッピングの利用」に関するインターネット調査を行い、その結果を発表した。

 調査結果によると、通信販売を「利用したことがある」と回答した人は92.6%。1年以内に利用した通販の申し込み手段は、「インターネット(パソコン)」(92.8%)が最も多かった。一方、「インターネット(スマートフォン)」は全体の15.8%で、男性10代で3割強、女性10・20代で4割強、50代以上で1割以下と、年代差が大きかった。

 直近1年間に、パソコンでオンラインショッピングをした人は全体の85.9%。年間10回以上の利用者は半数強、男性30・40代や女性30代以上で5割強~6割だった。購入したものは、「食料品、飲料、アルコール」「衣料品」「書籍・雑誌」が各4~5割で上位3位。「書籍・雑誌」は、過去調査に比べて減少傾向にあった。

 直近1年間に携帯電話・スマートフォンでオンラインショッピングをした人は全体の18.2%。利用頻度は「2~3回」「4~5回」が各2~3割でボリュームゾーンとなった。購入したものは、「衣料品」「食料品・飲料・アルコール」「書籍・雑誌」「靴・バックなど衣類小物、装飾品など」が各3~4割で上位にあがった。

 調査期間は4月1日~5日。回答数は1万1363件。

 ■「調査結果」( http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18914/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く