このページの本文へ

スマホからアクセスできる無線LAN対応のHDDケース

2013年12月20日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンやタブレットからアクセスできる、無線LAN対応のHDDケース「どこで~もWi-Fi BOX」(型番:CDWF25U3)がセンチュリーから発売。パソコンハウス東映と東映ランドにて販売が始まっている。

無線LAN機能を搭載するスマホ向けのHDDケース「どこで~もWi-Fi BOX」がセンチュリーから発売された。バッテリーも内蔵しているので外出先でもOK

 無線LAN機能を搭載するスマホ向けのHDDケース「どこで~もWi-Fi BOX」がセンチュリーから発売された。バッテリーも内蔵しているので外出先でも使える。

 無線LAN規格は、IEEE802.11b/g/nに対応。最大5台のデバイスから同時にアクセス可能で、画像や動画、音楽や各種ドキュメントなどのさまざまなデータが共有できる。閲覧にはiOSとAndroid向けに専用アプリ「Ikasu File Manager」(無料)を用意。PCからはネットワークドライブとして利用できるほか、付属のケーブルを接続してUSB3.0接続の外付けHDDとしても使用可能だ。

無線LAN経由で最大5台のデバイスから同時にアクセスできる。メディアサーバー機能も備え、PS3などのDLNA対応機器でドライブ内のデータを再生することも可能だ

9.5mm厚の2.5インチ SATA HDD/SSDに対応。PCからはネットワークドライブのほか、USB3.0の外付けHDDとしても接続できる

 対応ドライブは9.5mm厚の2.5インチ SATA3.0 HDD/SSDで、連続使用時間はHDD使用時で約140分、SSD使用時で約240分とされる。セキュリティはWEP/WPA/WPA2 SSIDステルス、接続方式はAPモードおよびAPクライアントモードをサポートする。

 パソコンハウス東映と東映ランドにて7980円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン