このページの本文へ

「古着宅配買取ドロップ」で無料宅配キットによる買い取り開始

2013年09月11日 01時07分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image DROPSは9月9日、「古着宅配買取ドロップ」において、無料宅配キットを送付することにより申込者の居住場所の確認ができ、古物営業法に違反することなくブランド古着の宅配買取ができるサービスを開始した。

 従来の宅配買取では、利用者との連絡方法はメールや電話・FAXだったが、申込時にIDとパスワードを付与し、MYページにログインすることで、画面内で査定結果の確認、買取の承認 / 非承認、住所・振込銀行口座の登録 / 変更、メルマガ購読などが行える。この新システムにより、これまで申し込みの度に住所や振込銀行口座などの情報を入力し、身分証のコピーを送付していた煩わしさがなくなるという。

 同社によると、現在、古物営業法では利用者の身分証の提示だけでは、インターネットを利用した宅配買取を禁止されており、買取業者は宅配買取を行う際、申込者の居住場所を特定するために、利用者の身分証などの送付を受け、身分証に記載された住所宛に配達記録郵便物を送付して、住所が正しいことを確かめねばならない。しかし、多くの買取業者は身分証の提示のみで買い取りを行っているという。

 ■「古着宅配買取ドロップ」(http://kaitori-drop.com/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く