このページの本文へ

ヤマハ、クリプトン、インターネットなどが発表

初音ミクがMacでも! VOCALOID3の対応が順次進行中

2013年07月25日 23時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
初音ミクV3の予告ページ

 VOCALODシリーズがついにMacに対応──。ヤマハは25日、音楽制作ソフト「Cubase」に歌声合成ソフト“VOCALOID”の機能を組み込める「VOCALOID Editor for Cubase NEO」を発表。新しい歌声ライブラリ「VOCALOD 3 Library」シリーズも「同 VY1V3 NEO」を皮切りに、Mew、ZOLA PROJECT、蒼姫ラピス、VY2V3などを順次Macに対応させていく。

VOCALOID Editor for Cubase NEOとVOCALOID3 Library VY1V3 NEO。

 価格はいずれもオープンプライスで、発売は8月5日以降順次。

 この発表に合わせて、クリプトン・フューチャー・メディアが次バージョンの「初音ミクV3」をMacに対応させると表明。価格などの詳細は不明だが、予約受付を近日中に開始する。インターネットもMegpoid、がくっぽいど、Lily、CULなどを順次対応させていく予定だ。

 なお「初音ミクV3」は、手にしたその日から音楽づくりが楽しめる、オールインワン・パッケージをうたっており、初音ミクの歌声には、オリジナル版「VOCALOID2 初音ミク」と「MIKU APPEND」から選抜したデータを磨き込んで複数収録。

 歌声エディタの 「Piapro Studio」、音楽制作ソフトに加え、200種類以上の楽器を収録するなど、従来別途購入する必要があった音楽制作ソフト(DAW)が不要になるようだ。またデモソングの公開も予告されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン