このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第248回

初夏感覚の爽快「KUSA」サンダルを衝動買い!

2013年06月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
思いつきそうで、思いつかなかったどこでも芝生サンダル「KUSA flip flops」
思いつきそうで、思いつかなかったどこでも芝生サンダル「KUSA flip flops」

 ここ数日、東京は一日の大半がジトジトした梅雨模様だ。毎日朝から雨がシトシト降って、台風の名残の影響か、時々は横殴りの強い風が吹き、コンビニで買ったビニール傘はあまり役にもたたず持ってるだけでストレスになりそうな雰囲気だ。

 こんなうっとおしいレインシューズの季節に、もうすぐやって来る爽快な初夏イメージの楽しいサンダルが国内でも販売開始された。オーストラリアのデザイナー「Yashin」さんの手による「KUSA flip flops」とよばれるユニークなサンダルだ。

 日常品のサンダルは今や日本中にある100均ショップでも、そこそこグッドな耐久デザイン商品が購入できる時代となったが、KUSA flip flopsはそれらのサンダルが軽く30足は購入できてしまう高級サンダルだ。

人工芝が敷き詰められたサンダル
足裏の感触が気持ちいい!

封筒で配送されてくるKUSA flip flops(実際は紙封筒の中でビニール包装されている)
封筒で配送されてくるKUSA flip flops(実際は紙封筒の中でビニール包装されている)

 郵送されてきたシンプルな封筒を開けてみると、さすがに草の匂いこそしないが、なかなか芝のリアリティあるビーチサンダルが登場する。ベースデザインはごく普通のありきたりのビーチサンダルだが、一番の違いは見れば分かる「人工芝」が足の裏に当たるサンダル表面にぎっしりと植えられていることだ。

テラスにあるだけで和むデザインだ 3層構造になっており、ビーチでの使用が前提なので、水洗いも簡単
テラスにあるだけで和むデザインだ3層構造になっており、ビーチでの使用が前提なので、水洗いも簡単

 サンダル本体は、しっかりした3層構造になっており、一番上が人工芝が植えられている薄いメッシュ層、そして分厚いクッション性の本体層があり、一番下が地面に直接接する3番目の層となっている。

 サンダル本体や鼻緒の素材は、弾力性のある「EVA」(Ethylence-Vinyl-Acetate、エチレン酢酸ビニール共重合樹脂)を使用し、人工芝はポリプロピレンとポリエチレンを使用している。

芝のクッション性を最大限に活用した履き心地は抜群だ 部分的に枯れた芝(黄)と元気の良い芝(緑)のコンビネーションがリアルな感じだ
芝のクッション性を最大限に活用した履き心地は抜群だ部分的に枯れた芝(黄)と元気の良い芝(緑)のコンビネーションがリアルな感じだ

 あくまで植物ではない人工芝なので、芝生の上に足を下ろした時感じるクール感とは少し異なるが、サラサラした気持ちのよい足裏の感触は十分に実現されている。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン