このページの本文へ

テレビのネット接続利用者は16%…スマートテレビ調査

2012年10月19日 01時06分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

スマートテレビ調査 MM総研は10月18日、「インターネットテレビおよびスマートテレビの利用意向に関する調査・予測」を行い、その結果を発表した。

調査結果によると、「インターネット接続機能があり、利用したことがある」と答えた人は16.7%、「インターネット接続機能はあるが、利用したことはない」は48.9%、「インターネット接続機能がない」は21.2%、「その他・分からない」は13.2%となり、現時点ではテレビによるインターネット利用は進んでいないことが分かった。

テレビでインターネット接続を利用した経験を持つ250人に、どんな機能やサービスを利用したか聞いたところ、「インターネット検索」(46.4%)、「動画視聴・ビデオオンデマンド」(44.0%)、「オンラインショッピング」(10.0%)となった。

同社は、インターネットテレビの利用台数は2011年3月末で722万台、12年3月末で864万台と分析。その後、13年3月末に1022万台、14年3月末に1197万台、15年3月末に1398万台、16年3月末に1623万台になると予測した。

調査対象はテレビを所持している1500人。調査方法はWebアンケート調査、調査期間は9月14日から20日。

■「調査結果」(http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121018500

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く